こんばんは

めぐ@子どもと一緒に上達する空手講座です。

 

今日もブログを読んでいただき

ありがとうございます!

 

【空手を上手くするとともに
空手を通して人間力も高める講座】9日目です。

 

これまでは

お子さんが立派な大人に育つためにも

必要な8つのことをお話してきました。

 

①自己肯定感

②継続力

③忍耐力

④努力

⑤自制心

⑥思考力

⑦社会性

⑧積極性

 

9日目の今日は

やりたいことをやらせてあげる

教育方針』についてお話しします!

 

なぜやりたいことを小学生のうちに進めるのか?

 

そこには大きな理由が1つだけあります。

 

今日のお話を知らないと

あなたはお子さんの可能性を伸ばす

チャンスを見逃してしまうかもしれません。

 

見逃してしまい

「あの時にもっと○○しておけばよかった」と

後悔するのは嫌ですよね?

 

これを知らないだけで、

私の教育の仕方が悪かったから

「○○はこんなふうになってしまったんだ。」と

 

自分を責める日々が続くと苦しくなりますよね。

 

反抗期の時期に子どもから

「お母さんのせいだ!!」

なんてことを言われたら

立ち直ることはできますでしょうか。

 

子どもはどんなことでも

やりたくないとか面倒臭いと思うことがあれば

やる気を失ってしまうこともあります。

 

 

自分の将来を自分で決めることができずに

周りに流されたり

学校の先生の言うことを聞き

行きたい中学や高校、大学。

 

今のままでは学力が足りないと言われたとき。

 

あなたのお子さんは自分の意志を

しっかり伝えることができるのでしょうか。

 

先生に「志望校を変えなさい」と言われ、

本当は○○の高校に行きたかったのに

先生から言われたからランクを落とした。

 

行きたくない学校を志望したり。

 

結果、「自分で選んだ道ではないかった

と人のせいにしてしまうような人に

なってしまったら悲しいですよね。

 

だからこそ、

小学生の間に人間力を伸ばしておかなければならないし

1つだけでいいので、お子さんが集中できる

何かを作ってあげておいて欲しいんですよね。

 

それが勉強だったり。

 

空手だったり。

 

お子さんがやりたいことを

とことん追求させてあげてください。

 

「ここまでか!!」と燃え尽きるまで

やらせてあげて欲しいです。

 

小学生の間に熱中できるもに出会えると

気がついたら大人になり

それが仕事になっていた。

 

なんて話はよくあります。

 

そして、長年物事を続けることにより

誇れるのもが生まれてきます。

 

そこから自信が生まれ「なんでもできる!!」と

自らチャレンジをしていく。

 

勉強も空手もできないことを

諦めるのではなく

「どうやったらできるようになるのか?」を

考え始めるようになり

自分の頭で物事を判断できるようになります。

 

その結果お子さんは

両親に感謝するんですよ。

 

 

 

お子さんに手がかかるのは

小学生の間までです。

 

あなたが思っている以上に時間は経つのは早く

あっという間に、あなたの元を離れていきます。

 

だからこそ、小学生の間に

できることは全てやってあげて

お子さんの将来を伸ばして欲しいんです。

 

だからこそ、今日は

小学生の間にやりたいことをやらせてあげる理由を

お伝えしようと思います。

 

お子さんの年齢が上がるにつれて

教育にかかるお金は変わってきます。

 

小学校高学年になれば

塾に通わせたり

 

英語を習わせたり

 

空手以外にも

複数の習い事をさせている

ご家庭は非常に多いです。

 

それに中学は受験をするのか。

 

しないのか。

 

により金額が変わってきます。

 

だからこそ

お子さんの習得が早いうちに

「やりたいことをやる」という

教育方針を貫いて欲しいです。

 

お金がないから今はできないや。

 

子どもの教育にそこまでお金をかける必要はない。

 

とういう親御さんを山ほど見てきました。

 

お子さんに才能があったとしても

親御さんの「一言」で良い方向にも

悪い方向にも導いてしまえるのです。

 

親の影響力は凄いものだと思いました。

 

あなたはどう思いますか?

 

私の両親は、

「やりことはなんでもさせてあげるからその代わり

自分に責任を持ちなさい」という教育方針でした。

 

習い事も塾もしたいことをしていいし

中学進学の時も

受験をしてもいいし

空手を優先させてもいい。

 

自分の将来は

自分で切り開いていきなさいということを

ずっと言われて続けてきました。

 

その結果私は、

もうこれ以上はできない。

 

というところまで空手を極め

空手選手を引退しました。

 

だから私は空手選手だったときの

人生に後悔はありません。

 

選手は引退しましたが

今もこうやって空手を通して

 

好きなことを仕事にし

つらく悲しい時期も、全部成長に変わり

毎日が充実していて

めちゃくちゃ楽しいです。

 

そのおかげで生徒もだんだん増えてき

試合で活躍する選手や

審査で飛び級をする生徒も出てきました。

 

やりたいことをやっているうちは

成長のスピードが速いなと

実感しています。

 

やっぱり

自分が好きなことをやっている人に

勝てないんです。

 

だからあなたのお子さんにも

熱中ができるものがあれば

応援し続けて欲しいです。

 

お子さんが今望んでいることは

全て将来お子さんのために返ってきます。

 

失敗すればするほど

お子さんは成長しますし

成功にも繋がるんですよ。

 

今のまま制限を加えすぎて

「あれもダメ、これもダメ」と

 

言ってしまっているとしたら

お子さんの将来にどれだけ

影響を与えているのかを

考えてみてください。

 

小学生の間から立派な大人になるためにも

お子さんが成長できることには

時間とお金を投資してください。

 

お子さんに投資をしたぶんだけ

将来数十倍になって返ってきます。

 

勉強も空手もできるお子さんは

みんな長い目でみて

挑戦し続けています。

 

今、お子さんは結果が残せていなくて

不安かもしれませんが

諦めない限り絶対にお子さんは

良い方向に進めます。

 

お子さんが立派な大人になるためにも

小学生の間にしかできない

人間力を一緒に伸ばしていきましょうね。

 

では、今日はここまでにします。

 

〜特別予告〜

 

明日は

あまり話したことがないのですが

空手の試合で勝てるようになる

テクニックをお伝えしますね。

 

このテクニックを知ることで

あなたのお子さんは

練習のような動きができるようになり

技を出せば出すだけポイントが取れるようになる。

 

もう出した技が

ポイントにならないなんてことがなくなる

極秘のテクニックをあなただけにお伝えします。

 

私が実際に教えている生徒も

このテクニックを身に着けて

勝てるようになったのでぜひ

見逃さないでくださいね!

 

明日も楽しみにしていてくださいね!

 

では、今日も最後まで

読んでいただきありがとうございました!

 

めぐ@子どもと一緒に上達する空手講座