こんばんは

めぐ@子どもと一緒に上達する空手講座です。

 

 

今日もブログを読んでいただき

ありがとうございます!

 

 

【空手が上手くなるとともに
空手を通して人間力も高める講座
】の3日目です。

 

 

これまでは

①自己肯定感

②継続力

 

この2点についてお話をしてきました。

 

 

日目の今日は「忍耐力」についてお話をします。

 

 

あなたのお子さんは「忍耐力」がある方ですか?

もし今忍耐力があんまりないと

思っていても大丈夫です。

 

 

忍耐力は生まれ持った才能より

生きていく中で身についていくものなので

あなたのお子さんも忍耐力を身につけることはできます。

 

 

この忍耐力をお子さんが

今から身に付けることができれば

練習の取り組み方」が変わってきます。

 

 

では、忍耐力を鍛えるためにはどうしたら良いのか。

 

 

忍耐力を鍛える3つの方法を

紹介しますので

最後まで読んでくださいね!

 

練習できる環境を作る

お子さんが自宅で練習できない大きな理由は

自宅に誘惑が多いこと。

 

 

テレビやゲーム。

 

 

目につきやすところに置いて

練習をさせていると思うんですよね。

 

 

これはお子さんの

精神面だけの問題ではありません。

 

 

集中できない環境で練習をしていると

うまくいかないことに対し

 

お子さんはイライラしやすくなってしまい

雑音が入ると気になって仕方がなくなり

練習できない!!

 

 

って状態になってしまうんですよね。

 

 

だから、自宅で自主練をするときは

 

空手の練習部屋

を作ること。

 

 

集中して練習ができる環境を作るんです。

 

 

私の教えている生徒の

お父様が娘さんのためにリフォームをすると言って

自宅をリフォームしているご家庭もあります。

 

(※ご本人様の許可を得ています)

 

娘さんのために自宅をリフォームする

親御さんの行動力って凄くないですか?

 

 

リフォームまでしてくださいとは言いませんが

雑音をなくす空間は作れると思うんですよね。

 

 

練習場所を工夫するだけで

お子さんは心を落ち着かせて

自主練に励めるようになります。

 

 

練習できない環境を排除するのも

忍耐力を鍛える第一歩です。

 

言い訳をしない

 

これまで多くの保護者の方をみてきて思うのが

誰かのせいや環境のせいにして

言い訳を探している方が

非常に多いって言うことです。

 

 

あなたがそうだと言っている

わけではありませんよ。

 

 

人は

何かできないことがあると、言い訳を探して

自分自身の行動を納得させたいって

気持ちが働いてしまうんですよね。

 

 

しかしこの行動が

忍耐力を低下させてしまう原因になっています。

 

 

人にせいにすれば自分は責任を取らないでいいし

楽だし、楽な方に勝手に流されていきます。

 

 

その結果耐えることが出来なくなってしまう。

 

 

例えばお子さんがゲームばかりして練習を一切しない。

 

 

空手は辞めたくないって言うのに

ゲームばかりして

親の言うことなんて全く聞かない。

 

 

自分が設定した目標に集中することができなくなり

親との約束を簡単に裏切ってしまうような

子どもになってしまったら

悲しくないですか?

 

 

お子さんの忍耐力を鍛えるためにも

あなた自身が言い訳するのを辞めて

どうやったらできるようになるのか?

を考えるようにしていきましょう。

 

 

そして、最初のうちは出来なくて当たり前なので

「できないことが当たり前」と思うようにし

できるようになるための行動を起こしていきましょう。

 

 

できない理由を探すと山ほどでてきますが

できない理由を探すより

 

「できる理由」を探せるよになり

お子さんを褒めて伸ばしていく方が

成長も早いと思いませんか?

 

 

人の出来ないところを探すより

人のできるところを見つけられる人って

素敵だなぁと思いませんか?

 

 

あなたも

お子さんのできないとろこばかりに

目を向けるのではなく

 

「昨日の息子・娘より

できているところはないかなぁ?」と

 

 

良いとろを探すようにしていきましょう。

 

 

人のできないところばかり探していても

忍耐力は身に付きません。

 

 

休みの日を作り

メリハリつけて練習すること

 

お子さんの忍耐力を鍛える上で大切なのは、

「我慢」ばかりさせないことです。

 

 

お子さんのやりたいことを全て

「我慢」させてしまうと

肝心な時に集中力を発揮できず、

試合でも結果を残せなくなってしまいます。

 

 

試合でお子さんが

ベストパフォーマンスを発揮できるようなるためにも

 

練習する時は練習する・

休む時はしっかり休む」という休みの日を

週2日作ることも大切です。

 

 

人の集中力はそれほど優れているものではないので

メリハリをつけないといけません。

 

 

あなたも休みなく仕事をしないさいと

上司に言われたら無理じゃないですか?

 

 

それと同じで

お子さんもあなたと同じように

休む日が必要なんですよ!!

 

 

練習を毎日サボらずにやっているから

試合で勝てるっていうわけでもないので

 

しっかり

体のセルフケアをする日も作らないと

 

このままでは

お子さんが大きくなって

大きな怪我をしてしまい

空手が出来なくなってしまう。

 

 

なんてことになってしまうとそれこそ

本末転倒じゃないですか?

 

 

だからお子さんの頑張れる範囲を理解し

集中するべき時にはしっかり集中し

体の限界を感じたらすぐに休む。

 

 

休むことも1つの練習です。

 

 

休むことは決して悪いことではありません。

 

 

お子さんの

体が疲れた状態で練習してしまうと

 

余計に変な癖がついてしまったり

直せる物も直せなくなり

倍の練習量を費やすことにもなりかねません。

 

 

だから今のお子さんに

これ以上変な癖をつけさせないためにも

練習のやり過ぎはかえってマイナスになってしまう。

 

 

土日はしっかり休んで

空手以外のことで家族の会話も深めて欲しいです。

 

最後に

忍耐力とは

何でもかんでも

ただ耐えれば良いって訳でもありません。

 

 

今回のまとめをしますと

 

 練習ができる環境を作ること

 

 言い訳をしない

 

 休みの日を作りメリハリをつけて練習をすること

 

 

以上3つの点を紹介しました。

 

 

忍耐力は根性論で鍛えられる物ではありません。

 

 

昔は根性論で通用していたかもしれませんが

今の時代の子は

根性論で指導をしても通用しません。

 

 

先生とあなたのお子さんは

生きている時代が違います。

 

 

だからこそ

その子に合った練習が今必要で

勝てる練習をしていかないと勝てないんですよね。

 

 

そこを理解している指導者はまだまだ少ないです。

 

 

だからこそお子さんを一番理解しているあなたが

お子さんをこれから勝てる選手に

育てていかなければ

ならないのです。

 

 

私はあなたがやって欲しいことをどんどん

取り入れいきますので

一緒にお子さんを勝てる選手に

育てていきましょうね!!

 

次回予告

 

明日は

空手を上手くするとともに
空手を通して人間力も高めていくのに必要な

努力」についてお話をします。

 

「めぐさん今更努力ってなんですか?

努力するのって大前提だし、努力なんて

言われてするもんではないですよね」

 

という声が聞こえてきました。

 

確かにその通りです。

 

努力は人に言われてするのもんではないですし

目標を叶えるために努力することは当たり前です。

 

しかし

あなたのお子さんの努力の仕方が間違えた

努力だったらどうしますか?

 

お子さんが目標に向かって努力していたはずが

見直ししてみたら方向性がズレていたため

結果が出ずに試合で負けてしまった。

 

なんてことになると「ゾッ」としませんか?

 

お子さんの練習を振り返ってみるという意味でも

今お子さんに必要な練習がしっかりできているのか。

 

それが本当に正しい努力なのかを

見直して欲しいです。

 

お子さんが正しい努力ができるようになれば

どんどん試合に勝って空手がもっともっと楽しくなります。

 

明日も楽しみにしていてくださいね!

 

では、今日も最後まで

読んでいただきありがとうございました!

 

めぐ@子どもと一緒に上達する空手講座です。